あなたにあった睡眠薬選び

睡眠薬といえど一概にすべて同じとは言えません、様々な成分、種類があり人によって合う合わないはもちろんあります。もしいま睡眠薬の購入を検討している方はぜひこちらを参考にしてみてください。

睡眠薬とうつ薬にも勝る朝ごはんの底力

うつが社会問題となってから、心療内科に通う人が増えているとのことです。今までは、「根気がない」などの意見で一蹴されてきましたが、心と体の相関関係が証明されてから理解が得られるようになりました。心療内科では、患者を診たあとには必ずと言ってよいほど、抗うつ薬を処方してくれます。うつ薬の中でも、SSRIと呼ばれる種類はセロトニンの取り込みに特化した製薬で、かなりの高い割合でうつの症状を治しています。

一方、現代病の一つとして捉えられている不眠症は、生活習慣の見直しとともに、睡眠薬の投与で治していく試みが見られています。中でも、ハルシオンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬に分類されており、即効性のある錠剤として人気の薬となっています。しかし、睡眠薬には長時間の服用によって、薬の耐性ができてしまう弊害があります。こうした習慣は、睡眠薬なしでは眠ることができなくなり、依存症を招く危険性も指摘されています。

ぐっすり眠れない人の特徴には、脳内のセロトニン不足によって、満足に休息できない共通点が存在します。セロトニンは、いわゆる神経伝達物質の一つで、心身の安定を促す効果があることで注目されています。そのため、睡眠薬だけでなくうつ薬の成分にも含まれており、中枢神経を通じて精神に影響を与えてくれます。また、普段の生活習慣を見直していくと、朝ごはん抜きで登校・出勤する方が聞かれています。朝ごはんには、睡眠時に消化された栄養素を補給する役目があるため、起きたらすぐに摂ることが望ましいとされています。実際に不眠症・うつの患者を見てみると、朝ごはんを食べない人の比率が高く、予防の一環として食べることが推奨されています。