あなたにあった睡眠薬選び

睡眠薬といえど一概にすべて同じとは言えません、様々な成分、種類があり人によって合う合わないはもちろんあります。もしいま睡眠薬の購入を検討している方はぜひこちらを参考にしてみてください。

主な睡眠薬の系統

ひとくちに睡眠薬と言ってもその作用や効果のあらわれ方によって、いくつかの系統に分類することができます。
現在最も多く処方されている睡眠薬となっているのがベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれる物ですが、これは脳のベンゾジアゼピン受容体と結合することで催眠作用を発揮します。
これまで使用されていたものよりは副作用が少なく、また死亡リスクも低いためよく利用されるようになっているのです。
次に現在、このベンゾジアゼピン系に代わる新しいタイプとして処方されるようになっているのが非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれるタイプです。
基本的な仕組みはベンゾジアゼピン系と変わらないのですが、ベンゾジアゼピン系とは違い脳の受容体に与える影響のバランスを整えることで副作用を抑えるというメリットがあります。
そして過去までよく処方されていて、かつ効果が強いとして知られているのがバルビツール酸系とよばれるタイプですが、これは現在だとほとんど使用されていません。
副作用が強いうえ、その一つとして睡眠中の呼吸抑制作用があるため、死亡リスクがあったのです。
ベンゾジアゼピン系との違いとしては、ベンゾジアゼピン系が視床下部や大脳皮質に作用するのに対し、バルビツール酸系薬は脳幹網様体に作用するというポイントが挙げられます。
睡眠作用としては現在使用されている睡眠薬の中でも最も強いものがあるのですが、過去には大量服用による自殺などが報告されたため、現在では処方に際して非常に慎重な判断が必要となっています。
このように睡眠薬はそれぞれの系統によって作用や効果が異なります。
体質によって睡眠薬の効果が見られないという場合でも、別の系統であれば効果があるということもあり得ますから、状況に応じて医師と相談して適切なものを選ぶようにしましょう。

睡眠衛生のための指導とは

現代社会では生活様式が多様化し、様々なストレスを感じる機会も多くなっています。その為、睡眠障害を訴える人も増加しています。
睡眠障害になると夜眠ろうとしても眠れない、その為日中非常に眠くなり作業が集中して行えなくなり事故の危険性が高まるなどの弊害が発生します。また眠れないためにそれが精神的なストレスになり、強迫観念を憶えてしまう人も少なくありません。
この睡眠障害に効果的な薬剤として睡眠薬が有ります。その多くは精神状態を安定させ睡眠状態に入りやすくする効果を示すものですが、常用性が高くなる危険性があるため、適切な睡眠衛生指導と並行して服用する必要があります。
睡眠薬はあくまでも睡眠障害で身体の維持に対する危険が及ぶような場合に、危険回避として使用されるものです。その為、適切な指導を行うことが前提です。指導に於いては、睡眠障害に至る原因を探り、その原因を排除していくことが求められます。その原因の多くは自分自身のストレスに対する神経の過剰な反応が原因の場合が多く、これを適切に排除せずに睡眠薬に依存すると、やがてその睡眠障害が大きくなり睡眠薬に依存するようになってしまうのです。
睡眠障害の原因となるストレスは、例えば仕事のこと、家庭のことなど多岐にわたりますが、共通しているのは問題の解決に対して自分自身の力量が信用できないときに発生することが多いものです。現代社会では新しい事柄を行うことが多い上、その責任の所在が明確にする傾向が有るため、個人に大きなストレスがかかります。このため、医師の指導に於いてストレスの原因を排除すること、そして睡眠薬に依存せずとも睡眠が適切に取れるように時間をかけて指導していくことが求められます。

なぜ人は不眠症に陥るのか

眠りたいのに眠ることができない不眠症の症状は非常に辛いものになります。
日中は眠くて眠くてたまらないのに、夜になった頃には目がさえてしまっているということになると、日々の生活すらままならなくなることもあるでしょう。
そうした人に対しては睡眠薬が処方され、それによって本来の睡眠のリズムを取り戻すなどの治療が行われることになります。
ですがどうして人は睡眠薬を使わなくてはならないほどの不眠症に悩まされることになるのでしょうか。
これにはいくつかのことが考えられますが、まず多いのが精神的なことが原因になったケースです。
例えば仕事上の問題を抱えている時や、家族や友人が死んだ時など、そうした状況に直面したことで眠れなくなるという人は非常に多いものです。
そうした状況では睡眠薬もいまひとつ効果が出ないということもあるのですが、これは精神が「眠るべきではない」というようにブレーキをかけているということが考えられます。
特に人が死んだというような場合、その人の深層心理では「今眠ると自分も死ぬかもしれない」というような防衛本能が働くこともありますから、そうした際には非常に強い不眠症に陥ることがあるのです。
加えてうつ病を抱えている人などだと眠ることで無防備な自分を晒すということに不安感を感じたり、眠れば明日が来るということを嫌って不眠症が引き起こされるケースもあります。
またこれらとは異なり肉体的なことが原因となっていることもあります。
これは例えばケガをしてしまって痛みで眠ることができないというような場合や、花粉症で常に意識が覚醒させられるというようなケースです。
これは睡眠薬を使用しなくとも根本的な原因を治療すれば不眠症も改善できるのですが、一つのケースとして数えておいた方が良いでしょう。
▼睡眠薬が買える通販サイト
メロセット